不動産投資セミナーでよく頂くご質問③

こんにちは、経営企画室です。前回、前々回に引き続き、弊社で毎週金曜日夜、日曜日昼に行っている不動産投資セミナーにてお客様からよく頂くご質問に関して、ご紹介してまいります。

Q.物件選びのポイントはどんなところですか?

A.たくさんありますが、自分がどのような投資の運用を考えているかによって異なってきます。
端的に言えば、投資用のマンションを選ぶポイントは以下のものが挙げられます。

① 築年数
② 総戸数
③ 場所(立地、駅からの距離)
④ 室内の設備
⑤ 外壁の仕様・外観
⑥ エレベーター・オートロックの有無

収支以外にも、上記をチェックすることを推奨します。これらは、弊社不動産投資セミナーでお見せする販売図面に記載されております。
ただし、こういった条件をすべて満たす物件はえてして割高であり、早期に成約済みとなることがあるので注意が必要です。そのため、お客様がどのように物件で投資を考えているかによって上記の条件の優先すべきものが変わってきます。

1. 現金で築年数の古い投資用マンションを購入していく(ハイリスク物件・現金)
→この場合、20年30年後を見据えていく必要があるので、②や③が重要です。
2. 融資を使い、築年数の古い投資用マンションを購入していく(ハイリスク物件・融資)
→この場合、融資が組める物件を選定する必要があるので、④⑤⑥が重要です。
3. 現金で築年数の浅い投資用マンションを購入する(ローリスク物件・現金)
→この場合、多くの物件を持つことができないので、③④が重要です。
4. 融資を使い、築年数の浅い投資用マンションを購入する(ローリスク物件・融資)
→この場合、赤字になることを防ぐことを念頭に置く必要があるので、③⑤が重要です。

もちろん、すべてを満たすものがあり、値段も相場に近いのであれば、即決されることも必要です。ただし、決めかねてしまっては買い逃してしまいますし、前々回でお話しした内容のとおり、不動産投資は“いかに早く始めるか”も重要でありますので、上記でお伝えした内容をもとにどれを優先すべき事項か考えて動く必要があるといえます。

セミナー参加希望の方はこちら→http://landnet.co.jp/seminar/